10月からの領収書に関するご紹介です
※はじめにお断りです。
ここは近代口腔科学研究会とは一切関係ありません。
このサイトの管理者の個人的な紹介ですので宜しくお願いします。


さて、今回はここで「歯科領収書簡単区分け入力支援ソフトのご案内」をさせて頂きます。


このソフトは次の3点を考慮して作られました。

1.患者さんがより治療内容がわかり領収書をみて納得いくような区分けになったもの。


今回のこのソフトは
もちろん、基礎フォームのままでもいいですがが各自で使いやすいように簡単にカスタマイズできます。
(以下にこのことに関する図を掲載しておきます。
)

★区分けを解りやすくした一例

2.受付担当者はもちろんですが、保険項目等の事務的な区分け熟練していない
   歯科衛生士及び歯科助手の人が簡単に膨大な点数表の中から入力して打ち出せるもの
   ということで作られました。

 3.そして、より低価格でご提供できるものということです。

 以上のことを考えて作成されたソフトです。

まだ、正式な発表はありませんが現在以下のように進行しています。

・・・・・・

今回のプレビュー版は、業界用語ではアルファ版と呼ばれるもの。

まだ機能やデザインなどが変わりますという意味があります。

次の段階はベータ版 で、機能はそのままで問題点(いわゆるバグ)のみを修正します

そして最終がリリース版(商品)となります。この時、商品 の一部機能制限されているものが試用版となります。

つまりこのように試作版は、順次皆さんの意見をいただきながら、試作第2版、第3版とアップデートしていくことになります。

・・・・・・
 具体的なこの領収書の使い方

1.カルテをみながらその処置のとおりに入力ボックスに各点数を入れていきます。

(例)

初診 183(初診)

パノラマ371(画像診断)

精密検査400
(検査)
実地指導80
(医学管理)
スケーリング片顎64+42+42
(処置)

通常はこのように5つになりますが
それを以下のように入力しても区分けとしては
問題ないと思います。


初診 183(初診)

パノラマ371(画像診断)

以下の3つを(検査・基本診療)
精密検査400

実地指導80

スケーリング片顎64+42+42


つまり3つでの区分けとします。
これは
5つが3つになったとういだけでなく
受付の人がカルテの流れにそって
歯周病の処置のところに点数を入力するということです。

選定療養費等や雑費等をオートコンプリートで選択
全て打ち込んだら印刷。(A4の半分のA5で印刷できます。)

基本的にはカルテが受付に出て
患者さんが窓口に来る前に打ち出しておくことが基本。
もしも、窓口で未収金等があり今回お金がたりないとかの時には
お金はもらいません。
「次回にして下さい」ということで打ち出した領収書は
そのままカルテにクリップで挟んでおきます。(発行日が入っている)
次回きた時に領収印(その日の日付が入った印鑑)を押して
その日発行の領収書と合わせて出すということ。

また、こちら側で例えばレントゲン等前回カルテに書き忘れがあったりした場合や
充填の数がひとつ記載漏れがあったりした場合等に
その区分けの部分に追加してその日に点数加算をする。

ということで基本的には今回未収金という項目はないことになります。

ただし、自費等の前回未収金や今までの治療費の残金等がある場合には
患者さんにお知らせする意味で
選定療養費等の内訳のところに
例えば「矯正治療代として80000円」等についてわかりやすく
記載することができます。

いずれこの領収書ソフトの優れたポイントは下記に
あるように「入力項目」と「印刷項目」がそれぞれ違うことによって
入力する受付担者はもちろんですが
あまり日頃カルテの区分け等をよく把握していない
スタッフや衛生士さん等が記載カルテをみながら簡単に
入力できることにあります。

そして印刷項目はより患者さんが納得しやすい
区分けの名前になって印刷されるということです。

また、レセコンがウインドウズ2000以上だとレセコンとウインドウズを簡単に切り換える
だけで利用できる可能性もあります。(これは基本的には機種を確認しないと可能かどうかは
確約はできません。マックの方はマック版もあります。以下が具体的な動作環境です。)

      本ソフトの動作環境は以下の通りです。
Windows
系:Windows 2000Service Pack 4)またはWindows XPService Pack 2
Mac OS
系:Mac OS X 10.3.9または10.4




以上領収書に関する簡単ですが具体的なご案内でした。


いずれこの領収書発行のために多額の経費をかけるのもどうでしょうか。・・
かといっていいかげんなものも出したくないという方のために作られたソフトですので
ぜひお試ししてみて下さい。

●初期設定も以下のようにカスタマイズすることができます。
いずれ使う方が一番納得する形で項目をつくることができます。




 

★今回のこの領収書説明に関するご質問は下記までどうぞ。
できれはメールでお願いします。

村田歯科医院
村田昌明
muratada@nnet.ne.jp  FAX0194-78-3377  電話 0194-78-3220


★具体的なソフトに関する詳しいことや動作環境等につきましては
下記の開発会社に直接お問い合わせ下さい。


ソフト開発
(有限会社)エンウィット
http://www.enwit.co.jp

佐藤 良晴
haru@enwit.co.jp    FAX 0551-20-5277    電話 0551-20-5278

 
★体験版を試してみたい方は下記からです。
(下記をクリックしてみて下さい。)マック版!!もあります。


http://www.dental-service.jp/hapo/Top/HAAT/